アベさんがアラド決闘しながらウホウホするブログ

性器のブログ

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

VS女念について

久しぶりの決闘記事です。というか決闘自体が久しぶりです。今から2週間ほど前に決闘ちょこちょこ復帰しましたが結局3日坊主のままでした。やはりやっていないとクールタイム管理やコンボ補正が分からなくなります。継続は力なりとはまさにこのことか。





はい。もえぴとの試合です。今日は対女念について書いていこうかと思います。

公正が終了してから一部のキャラには変化があったものの基本的には公正前と何ら大差はないです。なので有利不利も変わってません。アベ不利です。

基本的に念弾をひっきりなしに打たれると割とつらい部分があります。アベはX軸に長い技が多いですが相手はさらにその上を行く技を保持している+念壁があるので念弾に合わせてリッパーしようとしても防がれる事が多々あるのが辛いところですね。

女念戦においては念壁のいなし方が最重要になるかと思います。

・開幕
獅子吼のクールタイムが開けるまでは正直言って何ら怖くないです。この時が一番の攻め時ですね。といっても真正面からガンガン突っ込んでも念壁張られておしまいです。
なので念壁を張らせる立ち回りをしていきましょう。
僕はいつも画面中央でうろちょろしてます。相手と接触しても特に攻撃せずにつかず離れずの距離で。相手に空斬が届く距離まで侵入したらすかさず離れる。これを行えばほとんどの念が壁を張ってきます。まぁ張らなきゃやられるリスクがある分張らざるを得ない訳ですが・・・。
こうなったら思惑通りです。画面中央で張らせたらそのまま画面最下段まで退避。相手が念壁から飛び出しくるのを待ちましょう。こうなると、相手は獅子吼やレンキがないので金剛や疾風でしか攻め手がないので飛びかかってきたらアーマーで打ち返しましょう。
逆にここで籠られたら悲しみに包まれます。


・20秒後

いよいよ二回目の壁と獅子吼、レンキ、雷鳴が来る時間です。この時間がアベにとって一番辛い時間になります。
ここで大事なのが、壁なのか獅子吼なのかという駆け引きです。壁張ってから獅子吼というパターンが定番ですが、獅子吼のみを当ててくる人もいます。状況によりけりですが。
ですがそんな分の悪いじゃんけんに付き合う必要もないので、まずは近づいたら空斬を振ってもいいです。獅子吼ならば相打ちで結果オーライです。壁だった場合はすぐに高速移動で離脱しましょう。
どちらか片方のスキルを遣わせたらあとは残る一つのスキルが来るので対策がしやすいですね。獅子吼先に使った場合なら壁を張らせた後、開幕と同じように金剛、疾風待ちでいいと思います。
壁が先に張られて尚且つ獅子吼が残っているならその場は諦めてさっさと離脱しましょう。無暗に付き合ってもハイリスクなだけです。
壁の維持時間が過ぎた後は攻めれるチャンスがいくらかありますしね。


・龍について
正直これは受けるしかないです。耐えましょう。
もし相手が壁を張らずに龍を出してきた場合はリッパーで切り返せますが、壁の中で龍を出してきた場合はどうにもなりません。バクステ後クイスタ等で極力ダメージを抑えるしかないかと思われます。



基本的には後手後手に回ってしまう女念との戦いですが、後の先をとる気でやりましょう。自分の思惑通りに相手を誘導してやるのが一番大事だと思います。
単純に待ちといってもただボーっと待っているだけでは念弾で蜂の巣にされてしまいます。一見攻めにかかっている・・・と見せかけて相手の攻撃を虎視眈々と狙う。このスタイルを貫徹するのが女念戦では大事なんじゃないかなーって思ってます。





アラド戦記・攻略ブログ
応援お願いします!
スポンサーサイト
  1. 決闘
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<たかが1万円、されど僕にとっては大事な大事な一万円です | BLOG TOP | アベンジャーでレクイエムシリーズ~真ノイア編~>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。