アベさんがアラド決闘しながらウホウホするブログ

性器のブログ

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

VSインファについて

丁度ポポさんとの試合の動画が撮れたのでうpついでにVSインファについて考察していきたいと思います





さて、動画に関しての解説もしたいですが、それよりもまず初心者でもインファと対峙した時に把握しておかねばならない事について解説します


まず、インファのタイプについてです。アラド戦記はネットゲームです。画面の向こうには実際にキャラクターを動かしている生きている人間がいて、各々千差万別の動きをします。そしてインファ等の職は特にそれが如実に出る職です
なので、まずは相手の癖を見抜く事が何よりも大事になります


大きくタイプを分けて3つ

・スウェー・ダッキングを使い様子見から堅実にワンコン入れてくるタイプ
ポポさんがこれに当てはまりますね。すごく画面を見て的確に反応してきます

・ホーリーカウンターを執拗に狙ってくるタイプ
攻めてこないという点では上記のタイプに近いですが、こちらの場合は攻めどころが的確でない場合が多いです。肝心のホリカンについても読みでぶっぱなしてくるだけなので落ち着いて対応すれば恐るるに足りません

・アーマーやドライアウト投げを駆使したガン攻めタイプ
読み合い重視でガンガン来ます。布職にとってはこれは脅威でしょうがアベは十分対応できる技が多いです。しかし、ガンガン来ると思ったら一歩引いたりと相手の駆け引きが巧みな場合、読み合いの試合が展開されるので苦戦するのではないでしょうか


大きく分類するとこの3タイプだと思われます
それではまず最初のタイプの対処法から


◆堅実タイプ

ハッキリと言って、これに関しては対処法がないのが現状です。しかし相手も空斬を打たせるために接近してスウェーというのを繰り返すと思われます。ここで毎回丁寧に立ち回れば相手も人間、必ずミスの一つや二つはします。アベンジャーは空斬の後のフォローができる職なので、最初の布石として空斬を撒き、次に相手が攻めてきた所で打ち返す・・・というのが主な対処法になります

そしてインファは立ち回りが強くともコンボ火力は軒並み低めに設定されています。反面アベは立ち回りが弱く、コンボ火力がエゲつない職なのでこの立ち回りを徹底していれば例え2コンくらっていたとしても最後のワンミスさえしてくれれば打ち勝てることもあります

画面をしっかりとみてくる相手に関しては読みでぶっこむのも大事ですが、こちらも相手に合わせて対応していく、というのが一番の対処法のような気がします



◆ホリカンタイプ

これ、最初は迂闊にスピンカッター等をしてワンコン貰いがちですが、癖がわかればなんのその。カモがネギ背負ってくるようなものですので美味しく料理してあげましょう

まぁ、インファ戦に関しては最初にホリカンを構えているというケースもあるので、開幕時の牽制は地雷震がオススメです
技後の硬直が非常に少なく、ホリカンを発動させれるので容易に刈り取る事ができます

このホリカンタイプのインファですが、中距離でうろつかれるのが一番危険です。普段ならスピンカッターを打ちたいところですが、十中八九ホリカンされてしまうので中距離の場合は地雷震、リッパーで攻めるようにしましょう
近距離になった場合、おもむろに高速斬りを出せばホリカンを刈り取ることができます。もちろんスウェーのクールを見てからやりましょう。万が一避けられたりしたら大参事になってしまうので

このタイプに関しては読み合い重視で高速切りを出していくと面白いくらいに引っかかるケースが多いです。そして先も書きましたがダメージレースでは圧倒的有利なので一回読み負けたら痛いという事を存分に分からせましょう



◆ガン攻めタイプ

これが相手に合わせるのが結構つらいタイプです
勿論適当にゴージャスをひっかけにくるのであれば空斬を差し込んでやれば余裕で狩れますが、敵はコンピュータではありません、人間です。攻めの緩急をつけて来られた場合非常にしんどい読み合いが始まります

しかし、それでも再三言いますがダメージレースではかなりの分があります。相手が3回読み勝つ前に1回読み勝てばいいのです

アーマー受けの対応については堅実タイプとほぼ同じ対処でいいのですが、そこに読み合いが発生する率が高くなるので、少しでもリスクを減らせる距離のつかみ方を覚える必要があると思います
立ち回りはこの手のタイプに関しては引き気味に、アーマー受けを狙っていく方針で良いと思います



大きくわけて3タイプですが、勿論すべての人がこのどれか3つにしか当てはまらないというわけではありませんし、どの人もこの3タイプ全てを併せ持っています
しかし、人にはどうしても癖というものがあるのでどのタイプに偏っているかを見抜き、それに対応していく手段がインファ戦にとって一番の鍵になるかと思います


キャラ対というよりかは対人戦に関するノウハウそのものですが、インファという職は対戦していて特にそれが如実に出ているな、と思ったのでこういう記事を書きました


対人という事を考えず、インファの性能のみで対策を考えた場合は


・ダッキング、スウェーが来たら攻撃のサイン、空斬を出す→相手が様子見してきたならフォローを入れる
・ホリカンに関してはリッパー、地雷震、高速斬り、高速移動が有効、近距離での空斬もアーマーの持続が長いので追撃は貰わないで済む(ただしこちらも追撃はできないので仕切り直しになる)
・ドライアウト投げが非常に脅威。しかし、クールタイムも長いので、ワンコン受けた後は攻めの姿勢で


この程度でしょうか。正直、インファ自体のポテンシャルは最高級ですが、ダメージレースや近接職という要素が相まってアベに軍配が上がると思われます
高い機動力で翻弄されずに食いつけば勝機は見えると思うのでがんばってください
スポンサーサイト
  1. 決闘キャラ対
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<酔ったアイツが再び! | BLOG TOP | 俺たちは眠らない~地獄の真・悲鳴~>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。